EC500
01
新型レバーは人間工学に基づいて設計されており、持ち運びも容易。
02
外装式加圧CO2鋼製容器の設計では、粉末が固化することが無く、定期的メンテナンスの必要が無い。
03
新型ノズル設計は少量の操作力で済む。
04
透明な本体容器は、粉末の状態が目視で容易に確認できる。
EC500
01
新型レバーは人間工学に基づいて設計されており、持ち運びも容易。
02
外装式加圧CO2鋼製容器の設計では、粉末が固化することが無く、定期的メンテナンスの必要が無い。
03
新型ノズル設計は少量の操作力で済む。
04
透明な本体容器は、粉末の状態が目視で容易に確認できる。
EC500
  • EC500
優位性
  • 透明な本体容器は、粉末の状態が目視で容易に確認できる。
  • 外装式加圧ガス容器は、爆発と圧力漏れトラブルの心配が無く安全。
  • 1トンのプラスチュック原材料を生産する時、二酸化炭素の排出量は0.4~0.5トン。これは鋼材の1/4以下の排出量です。
  • プラスチックは全てリサイクル可能、再生資源として再利用できる。
  • 新型レバーは人間工学に基づいて設計されており、持ち運びも容易、少量の操作力で済む。
  • 外装式加圧CO2鋼製容器の設計では、粉末が固化すること無く、定期的メンテナンスの必要が無い。もし使ったらDIYでで粉末やCO2鋼製容器の交換ができる。
透明な本体容器は、粉末の状態が目視で容易に確認できる。
外装式加圧ガス容器は、爆発と圧力漏れトラブルの心配が無く安全。
1トンのプラスチュック原材料を生産する時、二酸化炭素の排出量は0.4~0.5トン。これは鋼材の1/4以下の排出量です。
プラスチックは全てリサイクル可能、再生資源として再利用できる。
新型レバーは人間工学に基づいて設計されており、持ち運びも容易、少量の操作力で済む。
外装式加圧CO2鋼製容器の設計では、粉末が固化すること無く、定期的メンテナンスの必要が無い。もし使ったらDIYでで粉末やCO2鋼製容器の交換ができる。
仕様
  • 仕様
    5ポンド型(粉末2.27kg)
  • 操作圧力
    128 psi9 kgf/cm2)
  • 操作温度
    摂氏-30〜60℃(華氏-22〜140°F)
  • 放射時間
    12 sec.
  • 放射距離
    10-18 feet (3~5.5 m)
  • 特長
    耐候性優れ、錆に強い。
上に戻る